HOME | About | TrePiatti | PastaFresca | Guide | Diario | Contact |

粉もん

早いものでクリスマスも終わり、今年もあとわずか。

今日はイタリアで食べた粉もんの写真をアップします。

今回ナポリに行ったからにはピザを食べようと、下調べをして興味を持った二軒のお店で食べました。テーマは特に薄い生地で評判のピザです。

生地が厚めだと、ひとり一枚食べるのは大変だし、飽きてくるのもあって、縁の部分を残す人が多いのですが、そうはならないピザが食べられました。

一軒目はニューヨークにも支店があるお店で、マルゲリータが4ユーロ。縁まで薄いけれど、もっちり感もありました。

二軒目は同じマルゲリータでも6.5ユーロ。値段に影響しているのはサービスの人が多いのと、グラス類の差があるようです。

そしてピザの比較ですが、二軒目の方が躊躇なく一枚食べきれました。生地が本当に軽くて食べやすかったです。縁は風船のように薄く膨らんでいました。

ピザと水のボトル、グラスの対比をみてください。本当に大きいんです。軽く美味しい生地じゃないと完食できないのがお分かりいただけると思います。

二軒目のお店、50 Kalòはまたすぐにでも行きたいと思いました。

そして次は揚げピザ。一軒目のピザのミラノの支店で食べました。

ドゥオーモの近くで、すぐ裏には昔から行列の出来るプーリア州の揚げパン、パンツェロッティ屋さんがあり、私もそこのパンツェロッティを毎回食べていたのですが、今後はピザに乗り換え決定です。

注文を受けてから成形して揚げてくれるし、表面に付いた粗塩で生地の美味しさが引き立っていたのと、具材のトマトソース、プロヴォローネチーズ、コショウの組み合わせもシンプルでよかったです。写真で生地の薄さがわかるでしょうか。

粉もん好きは関西人のDNAなのか、未だにそれぞれの味が脳か舌かで記憶されていて、思い出してお腹が空いてきました…。

最後の写真はトランジットで帰りに立ち寄ったドイツで食べたプレッツェルです。

チーズと生ハムのスペック入りでプレーンのものとはまた違う美味しさでした。





  • 2017.12.27 Wednesday
  • -

関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode